団地の中から

人間の“場所”について考えるブログです

眠れないとき

眠たいのだけど眠れない。そういう感じで午前2時くらいまで起きていてしまうことが最近よくある。 布団の上で仰向けになって目をつぶっていても、寝ていないということになる。明日の仕事の段取りとか、他人への苛立ちとかなんかがずっと浮かび上がってきて…

200403

午前25時39分。眠い。

通勤のときの風景

電車を使って決まった時間に通勤したりしていると、だいたい毎日見かける人がいたりする。知っているけど知らない人という感じ。 以前の会社は車通勤でしか行けなかった。僕は車がなかったので、通勤バスを使っていた。 大阪へ帰省するときの途中、東京駅を…

仮説と検証とは何か

モノコトを売るというのは、提供できる魅力やベネフィットへの対価を得るということなんだけど、これまでの僕の試行錯誤によって、集客において大事なのは「その人にとって最適な魅力を伝えきれているか?」という自分への仮説を立てて、それを検証して「本…

日常の喪失

blog.danchi.me 失って初めて気づく…という決まり文句があるように、何かへの喪失感というのは、意外にピンと来ていない人が多いのかもしれない。というのは僕も含まれる。 どういう感じの感情に襲われるのか知識として知っていても、味わったことがないと、…

人生会議

この間夕方頃にテレビを見ていると「報道特集」という番組の中で、「人生会議」の短いドキュメント映像が流れていた。あれ、なんか最近見た言葉だなと思って、じっと見入った。 亀田総合病院での“人生会議”の取り組みについての紹介だった。 普段から緩和ケ…

また仕事終わりに大阪市内の住宅地を歩いていた。 テナントビルや高層のビルが立ち並ぶ地域だけど、最近は新しい高層マンションがたくさん立っている。マンションは高くなればなるほど、その足元は清潔でぱりっとした雰囲気が漂う。 ぱりっとしたエントラン…

団地#07 大阪市営加島団地

(2018年8月訪問) 少し坂になった道を、ペダルを漕ぐたびに尻のポケットに入れた財布が食い込んだ。ひと漕ぎ、ひと漕ぎすると、額から汗がふきでるのがわかった。 頭上はうらめしいくらいに青だった。かすかな日陰をつなぎながら大阪市淀川区加島を訪れた。 …

団地#06 大阪市営南方住宅

都市部は秩序の中に成り立っている。もっとわかりやすくいうと、パブリックな空間しか存在しないということであり、個人の世界が集まっているのではなくて、集合体としての世界の中で僕たちは過ごしている。 この集合体というのは、制度やシステムによって形…

朝早いころ

25時20分。どこかの団地の中の、そのさらに中の棟の、中の階段の、中の階の、中の和室の、中の丸い机の前で、Macbookが僕の顔を照らしている。 もう明日になって一時間が経ったけど、僕にはまだ昨日が続いている。張り詰めた日中と、その緊張を和らげるため…

狭い世界に生きる人(自分)

生まれも育ちも団地で、今は実家でない団地に住んでいる。 電車に乗っていても、車窓から見える団地をつい目で追ってしまうし、仕事で外出の用事があってグーグルマップで行き先を調べていても、この辺りのこのへんに団地があるんだな、と無意識に考えている…

新幹線補助の制度のある自治体をまとめてみた2019

昨日書いてて、新幹線補助のある自治体って意外とあるんではないか?と思い調べてみた。 東北地方 関東地方 埼玉県熊谷市 栃木県那須塩原市 栃木県小山市 茨城県石岡市 群馬県沼田市 中部地方 新潟県湯沢町 長野県飯山市 長野県佐久市 富山県黒部市 富山県高…

新幹線定期はつらくても、住みたい街で暮らす

新幹線定期を使って、毎日新潟と東京間の通勤をする女性会社員の記事を見かけた。 www.nikkei.com 記事にもあるのだけど、この方は生まれ育った新潟と会社のある東京の2拠点を、毎日新幹線で行き来しているらしい。 ツイッターなどでこの記事に対するコメン…

地元から出ない若者は増えていくと思う

数年前のインターネット界隈でにわかに「マイルドヤンキー」という造語が広まった。ちゃんとした定義はウィキペディアに載っているけど、大まかにいうと「交友関係は中学・高校がメイン」、「地元を出ず地元の企業に就職する」「ずっと地元に暮らす」という…

地図と未知の道

うちの父は地図をみるのが好きだ。 僕が小さい頃は家の車にカーナビなんて付いてなかったから、マップルという赤いリンゴが書かれた大きな道路地図が車の中に常備されていて、それを頼りにいろんなところへ出かけることがよくあった。 知らない街を訪れたと…

孤独がこわいと言う友人

<今週の土曜日に大阪いきます。晩ごはんどう?> 仕事終わりにヘトヘトになりながら、地下鉄の電車を待っている頃だった。大学時代の同じ学科だった友人K君からLINEがきた。 <おっけー>とアヒルのスタンプを返しておいた。 K君は僕と同じように設計の仕事を…

いちばん古い記憶

24時35分。今僕は日本のどこかの団地にいる。トラックの音が近づいてきて、また遠ざかっていく。国道のそばの、大きな団地だ。 部屋の電気を消し、カーテンの隙間から外を見ると、向かいの棟の階段の明かりが点滅しているのが見えた。 特に何があるというわ…

就職で住んだ知らない街

知らない街で暮らすということには、想像以上の苦しさがある。それは、うまく言えないのだけど、過去の自分と断絶してしまうからなんだと思う。 いつも帰り路に寄っていた本屋や、駅のエスカレーターもない。これは、昨日の僕がどこにもいないということだ。…

爆速会計

毎朝行ってるコーヒー屋さん、チェーン店だけど「いつものですね」って言ってくれて、 何も言わなくても準備してくれるようになった。 確かにそれで間違いないので、毎朝の会計がヤバいくらいに爆速で済む。 すごい。

1年間法人相手にゼロから集客を行ってきた

僕は一介の勤め人であって、以前までは商売というものはあんまり意識したことはなかった。 だけどいろいろ(本当にいろいろ)あって、わけがわからないこともありながら、インターネットを通じてモノ・コトを売るということを実践し始めている。会社でも、外…

人の家のクロスを剥がした

めくりめくるクロスめくり 先日洗車YouTuberのアボリジニ兄さんとDIYをしに行った。 人の家のクロスを剥がしまくるというのはなかなか貴重な経験で、緊張感と高揚感でハイになりながら、バリバリめくりまくっていった。 なぜ人はクロスを剥がすのか?そこに…

ゆっくり時間が流れる街

なんとか金曜日を乗り越えた。毎週同じことを感じているんだけど、一週間の密度がすごく濃い。 24時間が5回あるんじゃなくて、120時間が1回あるような感じがする。今の僕にとっては、これを充実と呼ぶべきなのか、単なる忙殺と呼ぶべきなのか、よくわからな…

団地と時間

雨が降りそうで、大きめの傘を持って行ったけど、今日は結局降られなかった。 お昼休みの時にヤフーの雨雲レーダーで確認すると、どうやら通り過ぎたらしい。 帰りもやっぱり雨は止んでいた。少しだけど、地面はしっとりとした感じ。 腕をだらんと伸ばして歩…

団地と労働

今夜も23時を回ってしまった。早く帰りたいんだけど、どれだけ残業をしても不安と仕事は消えていかない。 会社を出て電車を一本乗り継いだ。 駅を降りれば、消灯を待つショッピングセンターのクリーム色の電球と、わずかな車の音。あとは全部木やら夜やら空…

電車のエアコンの匂い

電車のエアコンの匂いは、世界のどんづまりみたいな匂いがする。 23時まで後輩の手伝いをした。大変だったけど、遅くまですみません。とポツリと言われ、いいよ、と言って別れた。

暑い暑い夏

この頃またしても多忙も多忙でえらいことになっていた。 心身共に疲労が積もっている感じがして、特にメンタル的にきついところがあったけど、盆休みの間に人間的な営みに触れることが出来て、かなり回復できたかなと思う。 Mac book proを買った。分割で買…

平成までの自分と、平成以降の自分

体の重心を少し後ろにすると、靴底のかかとがかなりすり減っていることがよくわかる。靴の修理に行かないと、と毎日電車の中でつり革を掴みながら思うのだけど、仕事はだいたい22時頃に終わるので修理に出せそうにない。 電車の中では資格の勉強をするか、文…

風邪をひいている

今日は風邪をひいてしまったらしい。昔からの経験則なのだけど、風邪をひいたとき、体がしんどいとか、熱がある、とか、鼻水せき…というよりもまず風邪の匂いがすることが多かった。 たぶん体調を崩すことで神経系が弱ってしまうせいだと思う。小さい頃から…

無題

結露してなおぼんやりとする梅田

召し

魚が安くて旨し 大体帰宅が22時過ぎなのでそこから作ると寝るのが少し遅くなる だけど旅の道中も楽しいように、食事は出来るまでも楽しい あとここだけの話だけど、小説を書きはじめた。ここだけの話。 む?